アンパンマングミに夢中

子供の好きなお菓子の一つに ”グミ” があります。

 

2歳の子供は、”アンパンマン” が大好き

 

何がそこまで?と思うほど、アンパンマンに夢中です。

 

いつもおねだりされるのが ”アンパンマングミ” 。

 

一つ心配なのが、『グミは体に悪いのではないか?』ということ

 

大人でも、グミが好きな人がいますが

 

ガム飲み込んでるみたいな感じにならないのか?心配。

 

といことで、グミのことを調べて見ました。

 

グミは、”味付けされたゼラチンを固めたもの” だそうです。

 

ゼリーより多くゼラチンを入れているので、あの固さになるそうです。

 

グミの発祥は、1920年のドイツらしいです。

 

硬い食べ物が少なくなって、子供の咀嚼が少なくなることで

歯の病気を予防するために作られたのが ”HARIBO(ハリボー)” です。

 

なるほど。

 

グミを噛むことで、子供の咀嚼力(あごの力)も鍛えられて

姿勢も良くなるわけですね。

 

これは、いいじゃないですか!

 

グミを見直しました。

 

成分に着色料、保存料、甘味料、増粘剤 etc.

 

気になる部分もありますが、大量に食べ過ぎなければいいでしょう。

 

子供が喜ぶ顔を見るとついつい買ってあげたくなってしまうんですよね〜。

< 鬼をこわがる子供  |  一覧へ戻る  |  mataikuにmamaシャンプーが紹介されています。 >

このページのトップへ